九州医事新報社 コーポレートサイト

STAFF紹介

営業部長 大貝雅幸

OGAI MASAYUKI

営業部全体を見わたし、個人、そして営業部として目標が達成できるよう、マネジメントに努めています。自分が「取材して紹介したい」と思った医師へのインタビューが実現して紙面としてできあがってきたとき、広告を掲載してくださったクライアントの方から「ありがとう」と言っていただいた時…。この仕事をやっていてよかった、という喜びを、感じます。ぜひ、一緒に味わってください!     

副編集長 瀬川恵輔

SEGAWA KEISUKE

福岡、東京の編集プロダクション勤務を経て入社。着実にミッションを前進させる「バント職人のような編集者」をモットーに、医療機関の取材やデスクワークにいそしんでいます。醍醐味は「プロ」の話を直接聞けること。医療界のあれこれを通じて、日本や世界の「いま」を垣間見ることができます。自分の文章が、誰かの役に立ったり、行動のきっかけになったりする。そんなイメージをふくらませつつ、いろいろ挑戦中です!

営業部 入江美紀

IRIE MIKI

大学卒業後、地元出版社で営業・編集業務、化粧品通販会社で広告・DM制作業務を経験。入社後は、編集部を経て、営業部へ配属になりました。営業部ではチームリーダーとして部全体の動きを俯瞰的にとらえ、問題点や課題を見つけて改善策を提案。社員全員が気持ちよく働ける環境、明るい雰囲気づくりにも努めています。3人の子育てがひと段落したので、ウィークデーは仕事、休日は趣味に全力投球!

デザイナー 馬場講平

BABA KOUHEI

デザイン事務所や印刷会社での勤務を経て、この会社に入社しました。きっかけは、医療に関する情報を伝える仕事に、大きなやりがいを感じたこと。新聞の記事部分はもちろん、ディスプレイ広告、パンフレットや社内イベントで使うグッズのデザインも担当しています。休日は、主に「広島カープ」の試合を観戦しています。シーズン中、最低月1回は、本拠地・広島に足を運んで観戦することを、目標にしています。

営業部 永田由香

NAGATA YUKA

人材紹介会社、貿易商社で営業に従事。同時に、新卒・中途採用および教育業務も経験しました。出産を経て、5年ぶりに営業職として復帰。仕事と3人の子どもの育児(幼稚園児~小学生)に、日々奮闘中! 社内では積極的にコミュニケーションをとり、新しい企画にも取り組んでいます。モットーは「まずやってみる!」。何もしないであきらめるより、挑戦して学び、次につなげることを大切にしています。

総務 池田和子

IKEDA KAZUKO

8年ぶりに社会復帰し、時短勤務をしています。入社前は不安でしたが、社内の様子や業務内容を詳しく聞くことで、前向きにチャレンジしてみようと思えるようになりました。子育て中の世代が多く、急に休みが必要になった時などは、お互いにフォローし合える環境。私も、子どもの発熱時、社内の協力で業務を滞りなく進めることができました。総務の仕事を通じて、社員をしっかりと支えていきたいと思っています。

【営業部】永田由香の一日

■5:00  起床

■6:30  子どもたち起床

■7:40  出発、子どもたちを保育園へ

■9:15  出社

■9:30  営業開始/会議やその他打ち合わせ

■11:50 休憩

■15:00 書類作成など

■16:30 退社

■17:30 子どもたちお迎え

■18:00 帰宅

 お風呂・晩御飯、子どもの宿題チェック、子どもたちとの時間

■20:00 子どもたちを寝かしつけ

 洗濯、家事、翌日の準備、自分時間

■23:00 就寝

 

仕事と家事の「両立」ではなく、その時々で優先順位を決めています。1日は24時間。通勤時間や隙間時間も活用し、できるだけ前倒しで取り掛かるように心がけています。

 

メニューを閉じる